私は猫になれない。

f:id:yuioptimist:20170205013739j:plain

 気温20℃の2月。昼前にも関わらず子猫たちはスヤスヤと身を寄せながら寝ている。この子たちと比べ、私はきっちりと7時の目覚ましで1日をスタートさせた。

 私は小さい頃から猫人間であった。おそらく、田舎(熊谷)のおじいちゃん、おばあちゃんが飼っていた猫(タマ)が私を猫好きにさせたのだろう。身体のフォルムやツンデレな性格も好きだが、時間を感じさせないのんびりとした性格が一番好きだ。彼らは私に癒しを与えてくれる。しかし、それと同時に「私は猫になれない。」と考えてしまう。

 23年間生きてきた中で私は悔しさと常に戦ってきた。小学生の頃に所属していた野球クラブでは体格に恵まれなかったため、丸山シフト(外野も内野もとにかく前進してくるシフト)なるものを設定され、悔しい思いをした。中学でも同様に、同じポジションのM田がとにかく野球が上手く、レギュラーになることはできなかった。高校ではイップスになりボールを投げることもできなくなった。その後も、現役で大学に合格できず親に迷惑をかけ、浪人しても第1志望に受からず、大学の友達は英語がペラペラに喋れてk、、、書き出したらキリがないほど悔しさと戦ってきた。今でもその当時の記憶や感情を鮮明に思い出せる。この経験を通して、良くも悪くも私は負けず嫌いになった。

 誰かしらと何かしらで常に戦っている。せわしない。野球が上手くなりたい、ダンスが上手くなりたい、頭が良くなりたい、お金を稼ぎたい、人に認められたい。欲求が留まることを知らない。マズローさん、自己実現欲求を満たした先には何が待っているの?

f:id:yuioptimist:20170205130600j:plain

 猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫。猫になりたい。猫みたいに人生を過ごしたい。思考を停止させてバカになってしまいたい。丸山家を代表する長男だから、親孝行のためだから、世間体が気になるからなどのしがらみを「えい!背負い投げ~」と捨ててしまいたいとたまに思う。人生は世知辛い。

f:id:yuioptimist:20170205131043j:plain

 でも、何だかんだ言って丸山を形成しているこの性格は好き。たまに疲れるけど、競争心を持つことは決して悪いことではないと思う。良い意味でも、悪い意味でも人生を豊かにしてくれている。4月から始まる、就活も大学5年生も頑張っていきたいと思えるM気質な性格に感謝。本当に猫を頭からガブリと食べてしまいたいくらい好きだけど、やっぱり「私は猫になれない。」とつくづく思う。

 

f:id:yuioptimist:20170205030511p:plain

 丸山あと3週間で帰国します。お土産買っていきます。2017年もよろしくお願いいたします。

 

丸山のサブイボが立った

 お疲れ様です。月曜ですね。勤労勉学の1週間がまた始まりました。フィリピンは休日です。てへぺろ
普段から色々と動画(特に広告)を見るようにしているのですが、半期で一番心が震えた動画を今回紹介したいと思います。前回のハブ酒のブログとは違い真面目です。
 
 

今回紹介したい動画はこちら。

「SickKids VS Undeniable」

www.youtube.com (2016/10/14 に公開)

カナダの非営利団体が制作した、病気と闘う子供たちを支援するキャンペーン動画になります。

http://www.sickkidsfoundation.com/#/select-your-fight

 

この動画が丸山を引き付けた理由

色々な人物や、キャラが病気と闘う子供達の姿を表現

ヒップホップ調の重低音が見事に映像のストーリーとマッチしている部分

 

 

自身の病気の進行状況を何とも言えない表情で見つめる少年。

f:id:yuioptimist:20161226125537p:plain

 

これからの治療に向けて、頭を自ら丸める勇敢な少女。

f:id:yuioptimist:20161226130035p:plain

 

リング(治療台)に向かうボクサー姿の少年。

f:id:yuioptimist:20161226130328p:plain

 

左手、左脚が義手義足の少年の闘う姿を実際のプロレスラーで表現しています。子供達の勇敢さは大人の勇敢さと同様、またはそれ以上のものであると。

f:id:yuioptimist:20161226131440p:plain

f:id:yuioptimist:20161226131521p:plain

 

同じく、プロレスラーのマスクを被り病気と勇敢に闘っている少女。

f:id:yuioptimist:20161226130743p:plain

 

しかし病気は簡単には倒せません。子供達の両親は見守り、応援することしかできません。時には病に子供達が負けてしまう時もあります。

f:id:yuioptimist:20161226142210p:plain

f:id:yuioptimist:20161226135924p:plain

 

 病気は確かに強い。でも子供達はもっと強い。音楽の高まりと共に子供達の怒涛の反撃が映像で表現されてます。

f:id:yuioptimist:20161226142554p:plain

f:id:yuioptimist:20161226142650p:plain

 

特にこのシーンが個人的にすごく好きです。車椅子のがれきの上に立つ少女。どれだけ辛いリハビリに耐えてきたかを神々しく表現してます。

f:id:yuioptimist:20161226142951p:plain

f:id:yuioptimist:20161226143057p:plain

 

 

まとめ

 映像と音のコンビネーションのすごさに腰を抜かしました。子供達の強さ、勇敢さを様々な表現方法で表現しているのも惹きつけポイントですが、重低音の曲とのマッチ具合がたまらんかったです。始まりから徐々にテンションを上げて、クライマックス前に一回どんと落として、クライマックスで一気にまた上げる感じがエモかったです。音って本当に大事だなと思いました。これから企業も自社のPRの際に‘音’にこだわるケースが増えていくのかなーと予想してみます。(AirPodsも発売されましたし、視覚だけではなく聴覚からも情報を得る機会が増えていくのかと。すでにラジコなども徐々に注目浴びてます。)実際にすで企業が音にこだわりプロのミュージシャンとコラボしたケースもあります。

サカナクション山口一郎が語る、企業ブランドとロックバンドの新たな関係 #ブレーン | AdverTimes(アドタイ)

 これからドンドン動画の需要が増える中、映像だけではなく音にもこだわった動画がこれからも増えていくと思うと非常に楽しみです。‘目で情報を。耳で感情を’をテーマに将来このような作品に携わりたいと思いました。

 

 

追記

フィリピン生活も3か月が過ぎました。生活にも慣れ、また肌の色もこんがり焼けてきたので現地に溶け込んでいます。主食はバナナチップスとドライマンゴーです。あとこの間、世界最後の楽園と言われるなんちゃら島に行ってきました。海が緑でした。東京湾と比べると天と地の差でした。

f:id:yuioptimist:20161226151927j:plain

 

 

マムシ酒が突然作りたくなった話

 お疲れさまです。昨日の夜から突然マムシ酒が作りたくなりました。それ以降ひたすらYoutubeマムシ酒の動画を見続けている丸山です。下記が参考の動画になります。(https://www.youtube.com/watch?v=iwF4xu_2qtM)そこで日本に帰ったらすぐに作れるようにメモ程度に今回まとめてみました。

 

マムシ酒の作り方講座!!」

①そこらへんにいるマムシを捕まえてきます。(*毒を持っている可能性があるので気をつけましょう)

f:id:yuioptimist:20161022214823j:plain

②ペットボトルや瓶に捕まえてきたマムシと水を入れます。この際にマムシが息ができるように、蓋などに穴をあけ息ができるようにしておきましょう。

f:id:yuioptimist:20161022215005j:plain

③お腹の中の内容物や排泄物が出てきて、水が汚くなります。水が汚れてきたら取り替えましょう。

f:id:yuioptimist:20161022215211j:plain

④水が汚れることがなくなったら新しい容器に移しかえ、焼酎を用意します。(焼酎は度数が高いものがいいそうです。マムシ酒専用の焼酎もあります)

f:id:yuioptimist:20161022215407j:plain

⑤そして焼酎をマムシの入ったボトルにぶち込みます。

f:id:yuioptimist:20161022215527j:plain

マムシが息ができないように満タンいれましょう。そしたら窒息死します。(*

マムシは生命力が強いので、死んでいると思っても生きている場合があるので注意しましょう)

f:id:yuioptimist:20161022215808j:plain

ぽっくりいきました。

f:id:yuioptimist:20161022215829j:plain

⑦好みが分かれると思いますが、自分の場合はとりあえず1-2年寝かせてみようと思います。そしたら完成です。

f:id:yuioptimist:20161022220020j:plain

マムシ酒の効能は、精力増強、疲労回復、鎮痛効果などがあるそうです。

実際に作ったらみんなにもおすそ分けしようと思っています。

こんな感じでメモ程度にまとめさせていただきました。参考ブログ(

http://hunting.seesaa.net/article/101067101.html

 

さてフィリピンにきて2週間たちますが、何の問題もなく平和に生活しています。ノーヘルでバイクタクシーを運転するおっちゃんの背後から、肩にいる虫を撮影できるくらい元気です。

f:id:yuioptimist:20161022220544j:plain

遺伝子組み換えで楽曲制作しちゃった、えつこの話

 歌手のやくしまるえつこバイオテクノロジーを利用し楽曲を制作しました。曲名は「私は人類」。微生物シネココッカスの塩基配列を基に楽曲を制作し、その楽曲をDNA変換し再度その微生物に組み込みました。なので新曲+遺伝子組み換え微生物、両方を”歌手”のやくしまるえつこが制作したらしいです。ド文系なので正直最初に記事(http://wired.jp/special/2016/dear-synechococcus/)を読んだとき意味がわかりませんでした。でもとりあえずなんか面白そうと思い実際に少し調べ、またその制作した微生物が展示されているスペースに見学しにいってきました!

f:id:yuioptimist:20161002012056j:plain

 そもそもなぜやくしまるえつこ(以下えつこ)はこの作品を制作するに至ったのか。まず、デジタルの音楽情報が「0」と「1」の配列で表せることはみなさんご存じだと思われます。遺伝子もDNAのA(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の4つの塩基配列の組み合わせで成り立っています。そこでえつこはDNAでもいけんじゃね?と思ったそうです。この発想がわかりません....

(下記は展示スペースに展示されている、実際のえつこ作の微生物です。)

f:id:yuioptimist:20161002013936j:plain

 加え、えつこがDNAに注目した理由のもう一つがDNAの記録媒体としての使用期限の長さです。CDは数十年、紙の中性紙は数十年、DNAはなんと五十万年以上も寿命があるそうです(物理化学的には)。そんな寿命が長い記録媒体は使用して何をえつこがしたいのか。それは人類滅亡後の未来人に”えつこ”という存在が過去にいたことをアピールしたいそうです。私がこの先の何十年先のことすら考えられないのに、えつこは人類滅亡後の世界のことまで考えているそうです。おそろしや。

(展示スペースには微生物に近づけないようにテープが張られています。)

f:id:yuioptimist:20161002015304j:plain

 人類滅亡後の未来人に向けてメッセージを残そうとしたのが、中二病心をくすぐられました。(ロングラブレター~漂流教室のラストシーンがなぜか浮かんできました笑)原始時代の人々が洞窟や遺跡の壁にメッセージを残したのに対し、現代人がもしかしたら未来に向けてDNAでメッセージを残すかもしれないというのは、何かロマン?ファンタジー?を感じてドキドキします。でも、人や時代によってメッセージの捉え方や解釈の違いが生まれてくるので、未来人が必ずしもメッセージを正しく解釈できるとは限りません。それでも未来に向けてメッセージを残したいそうです。

(写真では伝わりませんが、新曲も展示スペースで流れています。)f:id:yuioptimist:20161002021921j:plain

 えつこを皮切りにDNAをメディアとして利用することが増えてくるかもしれません。また人々のインフラやプラットフォームが携帯→スマホ→???→DNAと推移することがあるかもしれませんね(笑)。まったくDNAや遺伝子について今まで関心がなかったのに、えつこのおかげで興味が湧きました。ちょっとこれからメディアとしてのDNAに対してアンテナを張っていこうと思います。

 

別件ですが約8ヵ月続けたインターンを卒業いたしました。カナシス。

とりまこれからフィリピン行ってきます。

すれちがい美女100人と会ってきた話

 お世話になっております。丸山です。

突然ですが、すれちがい美女100人と会ってきました!まぁ実際に現実で会ったのではなく「すれちがい美女」というサイトで100人分の動画を見たということです。

お金もなく暇だったので100人分夢中で見てしましました。

こちらが噂のサイトです。

surevi.net

簡単に説明すると、町中を歩いているとたまに美女とすれ違うことがあるよね?を動画でまとめました!というサイトです。

 

内容は、このように向こう側から女性らしき人が歩いてきます。まだこの時点ではどういった顔立ちをしているのかわかりません。

f:id:yuioptimist:20160821155927p:plain

どんどん近づいてきます。でもまだ顔は見えません。

f:id:yuioptimist:20160821160131p:plain

さらに近づいてきます。もう顔見えていいだろ!って

f:id:yuioptimist:20160821160324p:plain

くぉぉぉぉぉぉぉぉ、あともう少し!!もう見せてください。

f:id:yuioptimist:20160821160456p:plain

やっと見れた!と思ってもあっという間にすれ違ってしまいます。顔が認識できた時間たったの1秒。ああもっとください。

f:id:yuioptimist:20160821160621p:plain

f:id:yuioptimist:20160821160820p:plain

 

 この最後まで顔がわからないドキドキ感が短い尺で表されているのでコンテンツとしてすごくおもしろいなと思いました。今まで美人をテーマにしたサイトは多々はありましたが、’時間の制限’という制約はありませんでした。何か今流行りのスナップチャットと似た感じがします。スナップチャットの面白さの一つとして’時間の制限’があります。時間の制限が利用者にどういった影響を与えるのかを考えた所、観覧するハードルが下がるのではないかと。観覧時間が観覧する前にわかっている(1~10秒)と気楽にコンテンツを見れるような気がします。また利用する方のハードルも下がる気が。加えて、スナップチャットは動画データも途中で停止できなく消えてしまします。これもまたおもしろい。すれちがい美女もデータを消すまではいかなくても、動画の再生を途中で停止できないようにすればドキドキ感が増す気が(笑)あと今流行りの縦型動画にしたり、また人間以外の立場でのすれ違いがもあっても面白いかな(猫など)と思いました。

 

 まぁこんな感じの記事を書きましたが、丸山は元気にしています。

10月頭に日本から逃亡しますのでよろしくです。それでは。

東大に名を刻んできた

 お金を節約しているので、
GWでもお金がかかる所には、
なかなか行くことができない。
でも遊びたい!!
そんな節約しているあなたに
オススメの遊び&場所がある。
それは東京大学

f:id:yuioptimist:20160505230541j:image
日本で一番頭が良いと、
言われてるこの東京大学は、
もちろん他大学と同様に
無料で学内を探検できる。
  学内に入ってみると……

f:id:yuioptimist:20160507142156j:image
池があった。ど真ん中に。
ここで東大生は優雅に、のんびり
勉強してるんだろうなと。
昼間は子供たちがきゃあきゃあ遊び
夜はカップルたちがいちゃいちゃ遊ぶ。
そんな感じの場所。
こんな所に池があるとは思わなかったので
とりあえずマーキングしといた。

f:id:yuioptimist:20160507142925j:image
次に向かったのが安田講堂

f:id:yuioptimist:20160507143304j:image
東京大学を象徴する歴史ある建築物の一つである。
この日も観光客が安田講堂をバックに
パシャリパシャと写真を撮っていた。
講堂をバックに自撮りしている者もいた。
ちなみに中はこうなっている。

f:id:yuioptimist:20160507144050j:image

f:id:yuioptimist:20160507144407j:image
綺麗すぎて腹がたったのでここでも
マーキングしといた。

f:id:yuioptimist:20160508000525j:image
この後も学内を探検してたが
丸山のイニシャルのMをモチーフとした、
モニュメントがあった。

f:id:yuioptimist:20160508000736j:image
親近感がわいたのでとりあえず、
近くのベンチにマーキングしといた。

f:id:yuioptimist:20160508000835j:image
とこのように、
お金をかけずにこんなにも
楽しい遊びができます。
ぜひ、友達、彼氏彼女、家族を連れて
マーキングしてきてください。
かかった費用は電車賃と途中で買った
スタバのメロンのみです。
ぜひみなさんも東大で、
自己満足に浸れる遊びをしてください。