CRAZY ABOUT

人目を気にせず、好きであれ

学生のララバイ

 24年間学生という身分が私のアイデンティティだった。でも卒業式を境に、学生にお別れをつげなければならない。サヨナラの挨拶、または自分に向ける、鎮魂歌のように。

ばいばい、学生。また会いましょう。

小学生から大学生までを一言で表すと、コンプレックスとの戦いだった。生まれつき背は低く細い私は、スポーツに向いている身体ではなかった。それでも運動が好きだった私は野球を始めた。

それから始まるコンプレックスとの戦い。

周りがどんどん上達するなか、打球は飛ばず、身長は伸びずと苦しい思いをした。「夢は諦めなければ必ず叶う」とプロ選手が言った軽い言葉を信じ、練習すればきっと上手くなると純粋に思っていた。厳しい言葉だが、人には向き不向きがある。努力の言葉では簡単に片づけられない事がたくさんだ。でも世の中は特に子供に対して、曖昧に無責任な言葉で夢を見せたがる。

高校時代は今まで得意だった勉強もできなくなり、コンプレックスが増えた。努力すればきっと…という言葉が私を苦しめ、コンプレックスと戦っている内にボールが投げれなくなった。 気づいた時には野球が大嫌いだった。そして、小学生の頃の夢は、現実と向き合う回数が増えた結果、無くなっていた。

野球で苦しんだコンプレックスを勉学で克服しようと思い、浪人時代は朝から晩まで勉強した。毎日同じのルーティーンに刺激を求め、全ての料理にハバネロスパイスを振りかけ、そして、アフロになっていた。

f:id:yuioptimist:20180327212807j:plain

大学入学後も勿論、コンプレックスと戦った。人間関係、勉学、顔、能力。それでも無くなることのない、コンプレックス。テレビに映るしたり顔の有名人が、子供や社会に向かって偉そうな事を偉そうに述べる。「自分を持って生きろ!人と比較するんじゃない!気にするな!」と。あいにく、そんな図太い神経は持ち合わせていなかった。


友人と過去の話をするときに、その当時の辛かった話をようやく、笑い話にできるようになってきた。しかし、いまだに夢をみる。その当時の痛みや味や匂いが夢の中にでてくる。夢で良かったと、冷や汗をかきながら毎回目覚める。その度に当時の私はまだ成仏できていないのだと思う。夢の中までできて、忘れるなと、逃げるなと、言っているように。


そんな学生時代も2018年3月26日で、終わりを告げた。だからといって、何かが変わるわけではない。変わるのは社会的な身分とすこしばかりの責任が増えるだけ。これからも終わらない自分の弱さと向き合い、戦っていくのだろう。でもこの日だけは、これまで、弱さと戦ってきてくれてた学生の私を強く抱きしめ、そしてこう言ってあげた、

お疲れ、自分。これからもよろしく。と

うさぎの島で芽生えた、テントへの愛着

 慣れ親しんだ物事に深く心を惹かれ、離れがたく感じることを‘愛着’と人々は言う。犬や猫などのペットを飼ったことがある人はわかるだろうが、一緒に過ごした時間の分だけ愛着は大きくなる。そして失った時の大きさにも比例する。幼稚園時代、カブトムシの幼虫だと思って拾った幼虫が、カブトムシではなくコガネムシの幼虫で、愛着を持って育てていたカブトムシの幼虫を食べつくしてしまった時には、愛の尊さを学んだ。

もちろん、愛着はペットなどの有機物だけではなく、物などの無機物にも湧く。どちらの愛着にも共通していることは、苦楽を共にした物事には、人間は自然と愛着を持ってしまうということ。そんなことでつい最近テントへの愛着が芽生えた。

 

はじめてのきゃんぷ

f:id:yuioptimist:20180221184306j:plain

まずテントを組立てる前に、断熱シートを敷く。この一枚があるかないかで、地面からの冷たさはまるで違う。どれくらい違うかと言ったら、 HUNTERXHUNTERの兵器ブリオンと、平昌オリンピックモルゲッソヨ像くらい違う。

f:id:yuioptimist:20180221184421j:plain

次に骨格を組み立てる。都会出身のもやしっ子でも説明書通りにやれば、ひょひょいのひょいひょいで組み立てられる。

f:id:yuioptimist:20180221184506j:plain

でなんだかんだいって、人間でいう骨と筋肉の部分ができるあがる。ここまでくれば後少しだが、読むのに疲れを感じていると思うので、箸休めとしてうさぎの写真を放り込んでおく(キャンプした場所は大久野島といい、別名うさぎ島と言われるほど、野生のうさぎがたくさんいる。)

f:id:yuioptimist:20180221184603j:plain

f:id:yuioptimist:20180221184622j:plain

f:id:yuioptimist:20180221184639j:plain

f:id:yuioptimist:20180221184802j:plain

そしてうさぎを見ているうちに完成。できたてほやほやのテントを、母親のような慈愛深い目で見つめてしまった。

f:id:yuioptimist:20180221184824j:plain

後ろからのショット、

f:id:yuioptimist:20180221184845j:plain

横からのショット、

f:id:yuioptimist:20180221184918j:plain

ちょっと引きでのショット。子供ができるとやたらと写真を撮りたくなる、親心がわかった気がした。愛着があるものは時間を超えても、傍においておきたくなる。写真はそれにうってつけのツールなのだろう。

f:id:yuioptimist:20180221185000j:plain

日が落ちてくるといい感じにインスタ映えする感じになってくる。

f:id:yuioptimist:20180221185025j:plain

周りに人工的な街灯はほぼなく、星明りだけが僕たちを照らしていた。そんなポエティックな明かりだけでは、夜ごはんも作れないので、僕たちは静かに人工的なライトをつけた。

テントは手短に苦楽を共にでき、愛着を感じることができるアイテムではないだろうか。この初めてのテント作りは大きな一歩になった。この一歩をきっかけにどんどんキャンプにのめり込み、キャンプ道具を買いそろえ、年間数十回に及ぶキャンプライフを送っていくだろう。なんてことは、まるでない。

慈悲深き街、中野

 

 全てを受け入れる街、中野。その懐の深さはヒトラー政権の時にユダヤ人を労働者として雇い、1000人規模のユダヤ人を救ったオスカーシンドラーのようだ。また歴史的にも中野の包容力を示す事実が存在する。1695年(元禄8年)徳川綱吉によって制定された「生類憐れみの令」。その際に中野村内(現中野4丁目付近)で捨てられた野犬を収容する犬小屋を作ったそうだ。現に中野区役所前にはお犬様たちの銅像がある。中野は生物の垣根を超えて、野犬の悲しみさえも包み込んでしまう歴史的な場所なのだ。

 

その中野の中でも特に広い心を持つ場所がある。それは、中野ブロードウェイ。 秋葉原に次ぐサブカルチャーの聖地として有名だか、アニメに限らず多様な人々を受け入れてくれる。コスパが良い居酒屋からミリタリーファッション、洋ゲーム専門展、西洋人形のお店、とにかく長いソフトクリーム屋、古本屋、古ずきて入るのをためらう洋食屋、そして 「ファンシーショップ でことらんど」

でことらんど

f:id:yuioptimist:20180201162816j:plain

場所:中野ブロードウェイ4階奥。 営業日:月曜~日曜日13時~20時。
オリジナルウエア・アクセサリー、セレクト雑貨、メンズ・レディース古着など を販売している。

ファンシーショップでことらんど

f:id:yuioptimist:20180201162933j:plain

一枚目の写真の男性は一見、アイドルの学生時代の写真かと思うだろう。しかし、そんなことはまったくない。ただのパンピー。それも店主の知り合いのパンピー。

・この人はアイドルですか?
ー いいえ、ただの一般人です。名前はシュウジくんです。

と返答があった時に、どうコメントをしていいかまったくわからなかった。その時に頭の片隅で、修二と彰の「青春アミーゴ」がふと流れた気がした。

 www.youtube.com

f:id:yuioptimist:20180201163308j:plain

シュウジくんタオルやシュウジくん缶バッチなど、シュウジくんのグッズを店舗とオンライン両方で購入できる。ちなみに残念ながら、シュウジくんペンダント大(1200円)と小(800円)はすでに売り切れているので注意が必要だ。

 

その他にもブロードウェイには面白いお店がたくさんある。

f:id:yuioptimist:20180201164956j:plain

f:id:yuioptimist:20180201165115j:plain

 日本の現代芸術家の村上隆さんがプロデュースしている「bar Zingaro」

Bar Zingaro | バー・ジンガロ

f:id:yuioptimist:20180201165129j:plain

f:id:yuioptimist:20180201165146j:plain

企業ノベルティグッズ、昭和のレトロアニメグッズ、アンティーク、ヴィンテージのおもちゃなどを取り扱っている「まんだらけ 変や」

まんだらけ 変や (JPA) 取扱商品

f:id:yuioptimist:20180201165234j:plain

f:id:yuioptimist:20180201165246j:plain

そしてブロードウェイのはずれにある、80年代の音楽を無料でリクエストできる80's bar「ジューク80's」(邦楽も姉妹店であり)

www.juke80s.com

 

何か人生に迷っていることがあれば、ブロードウェイにいこう。きっと、、、なんかこう、いい感じにスピリチャルが刺激されて、こう、いいことがあるはず、、、シュウジくんもきっとあなたを待っている。

www.youtube.com

ダンス風呂屋でサイレントなフェス

フェスとは、パーリーピーポーピーポー(以下、PP)がいく、ウェイ度を高めるためのイベント。バヌアツの二十歳のバンジージャンプのように、フェスはPPにとっての一種の通過儀礼だ。そしてPP上級者になりたいなら、三種の神器 アメリカンイーグルのパツパツ白シャツ、レイバンのサングラス、小さすぎるセカンドバックを持ち合わせると良いと言われている。

枯山水の庭園を眺めながら緑茶を飲むことが趣味の私にとって、フェスは遠いものだった。私もPPと同じ人間だが、中身は月と鼈。彼らがフェスでバイブスを燃やしている時、私はネットでブロガーを燃やしていた。
しかし、 サイレントなフェスを銭湯で行うという奇妙なイベントを耳にし、聞いて極楽見て地獄そんな不安を抱えながらも、ダンス風呂屋に参加してきた。

そもそもサイレントフェスとは?

f:id:yuioptimist:20180118144641j:plain

専用のワイヤレスヘット゛ホンを使ってオンタイムのDJやライフ゛を共有する新感覚音楽体験。 周りから見ると無音に見えるのて゛、世界中て゛「Silent Disco」として騒音問題の解決策となり注目されています。サイレントフェスはその日本版でSilent itの登録申請中の商標。最大半径30mまて゛何台て゛も共有可能て゛、音量も自由自在。1人て゛音楽に 没入するトリッフ゜感とその状態を共有している不思議な一体感か゛これまて゛にない自由を生みた゛します。

Silent it

 そしてダンス風呂屋とは?

f:id:yuioptimist:20180118144729j:plain

Ozone合同会社の代表アメミヤユウさんが開催している、サイレントフェスの一つ。クラブのフロアの代わりに、銭湯をフロアとして使用する。男湯と女湯を行き来することができ、別々のDJを楽しむことができる。実際にDJタイムを終えた後は、湯を沸かし本来の銭湯として利用する。

www.youtube.com

f:id:yuioptimist:20180118155401j:plain

結論から述べると、シンプルにサイレントフェスを楽しんだ。エビスビールを片手にフェスに興じていた。冒頭にフェスとの距離があると言ったが、そんなことはすぐに忘れお酒にも酔い、自分にも酔っていた。他のダンサーとのセッションも起こり、ダンスを通して、コミュニケーションも取れた。

f:id:yuioptimist:20180118155626j:plain

参加者の年齢は20~40代くらい。男女比率は6:4。お酒と共に音楽のグルーブを楽しむ人やがっつり踊る人など、各々がフェスを楽しんでいた。しかし、そこには奇妙な一体感が存在していた。上手く言えないが、裸の付き合いを前提とした銭湯という場がこの奇妙でもあり、居心地良い一体感を生んでいたのかもしれない。場が人と人との繋がりを創っていく感覚を感じた。

f:id:yuioptimist:20180118160028j:plain

ヘッドホンをするとそこにはクラブが。ヘッドホンを外すとそこは銭湯。現実と非現実の表裏一体がそこにはあった。

f:id:yuioptimist:20180118161125j:plain

シェアリングエコノミーが世の中のトレンドとなっている今、銭湯は自然に優しい水のシェアリングエコノミーです。 fromアメミヤさん

フェス=若者。銭湯=お年寄。このお互いの歩み寄りが感じれたダンス風呂屋。今の時代、若者は年配の方を老害と呼び、年配の方は若者をゆとりと呼ぶ。この対立した溝を埋める為にもダンス風呂屋は有効なのかもしれない。

いい湯だったな。

丸山のサブイボが立った

 お疲れ様です。月曜ですね。勤労勉学の1週間がまた始まりました。フィリピンは休日です。てへぺろ
普段から色々と動画(特に広告)を見るようにしているのですが、半期で一番心が震えた動画を今回紹介したいと思います。前回のハブ酒のブログとは違い真面目です。
 
 

今回紹介したい動画はこちら。

「SickKids VS Undeniable」

www.youtube.com (2016/10/14 に公開)

カナダの非営利団体が制作した、病気と闘う子供たちを支援するキャンペーン動画になります。

http://www.sickkidsfoundation.com/#/select-your-fight

 

この動画が丸山を引き付けた理由

色々な人物や、キャラが病気と闘う子供達の姿を表現

ヒップホップ調の重低音が見事に映像のストーリーとマッチしている部分

 

 

自身の病気の進行状況を何とも言えない表情で見つめる少年。

f:id:yuioptimist:20161226125537p:plain

 

これからの治療に向けて、頭を自ら丸める勇敢な少女。

f:id:yuioptimist:20161226130035p:plain

 

リング(治療台)に向かうボクサー姿の少年。

f:id:yuioptimist:20161226130328p:plain

 

左手、左脚が義手義足の少年の闘う姿を実際のプロレスラーで表現しています。子供達の勇敢さは大人の勇敢さと同様、またはそれ以上のものであると。

f:id:yuioptimist:20161226131440p:plain

f:id:yuioptimist:20161226131521p:plain

 

同じく、プロレスラーのマスクを被り病気と勇敢に闘っている少女。

f:id:yuioptimist:20161226130743p:plain

 

しかし病気は簡単には倒せません。子供達の両親は見守り、応援することしかできません。時には病に子供達が負けてしまう時もあります。

f:id:yuioptimist:20161226142210p:plain

f:id:yuioptimist:20161226135924p:plain

 

 病気は確かに強い。でも子供達はもっと強い。音楽の高まりと共に子供達の怒涛の反撃が映像で表現されてます。

f:id:yuioptimist:20161226142554p:plain

f:id:yuioptimist:20161226142650p:plain

 

特にこのシーンが個人的にすごく好きです。車椅子のがれきの上に立つ少女。どれだけ辛いリハビリに耐えてきたかを神々しく表現してます。

f:id:yuioptimist:20161226142951p:plain

f:id:yuioptimist:20161226143057p:plain

 

 

まとめ

 映像と音のコンビネーションのすごさに腰を抜かしました。子供達の強さ、勇敢さを様々な表現方法で表現しているのも惹きつけポイントですが、重低音の曲とのマッチ具合がたまらんかったです。始まりから徐々にテンションを上げて、クライマックス前に一回どんと落として、クライマックスで一気にまた上げる感じがエモかったです。音って本当に大事だなと思いました。これから企業も自社のPRの際に‘音’にこだわるケースが増えていくのかなーと予想してみます。(AirPodsも発売されましたし、視覚だけではなく聴覚からも情報を得る機会が増えていくのかと。すでにラジコなども徐々に注目浴びてます。)実際にすで企業が音にこだわりプロのミュージシャンとコラボしたケースもあります。

サカナクション山口一郎が語る、企業ブランドとロックバンドの新たな関係 #ブレーン | AdverTimes(アドタイ)

 これからドンドン動画の需要が増える中、映像だけではなく音にもこだわった動画がこれからも増えていくと思うと非常に楽しみです。‘目で情報を。耳で感情を’をテーマに将来このような作品に携わりたいと思いました。

 

 

追記

フィリピン生活も3か月が過ぎました。生活にも慣れ、また肌の色もこんがり焼けてきたので現地に溶け込んでいます。主食はバナナチップスとドライマンゴーです。あとこの間、世界最後の楽園と言われるなんちゃら島に行ってきました。海が緑でした。東京湾と比べると天と地の差でした。

f:id:yuioptimist:20161226151927j:plain