読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は猫になれない。

f:id:yuioptimist:20170205013739j:plain

 気温20℃の2月。昼前にも関わらず子猫たちはスヤスヤと身を寄せながら寝ている。この子たちと比べ、私はきっちりと7時の目覚ましで1日をスタートさせた。

 私は小さい頃から猫人間であった。おそらく、田舎(熊谷)のおじいちゃん、おばあちゃんが飼っていた猫(タマ)が私を猫好きにさせたのだろう。身体のフォルムやツンデレな性格も好きだが、時間を感じさせないのんびりとした性格が一番好きだ。彼らは私に癒しを与えてくれる。しかし、それと同時に「私は猫になれない。」と考えてしまう。

 23年間生きてきた中で私は悔しさと常に戦ってきた。小学生の頃に所属していた野球クラブでは体格に恵まれなかったため、丸山シフト(外野も内野もとにかく前進してくるシフト)なるものを設定され、悔しい思いをした。中学でも同様に、同じポジションのM田がとにかく野球が上手く、レギュラーになることはできなかった。高校ではイップスになりボールを投げることもできなくなった。その後も、現役で大学に合格できず親に迷惑をかけ、浪人しても第1志望に受からず、大学の友達は英語がペラペラに喋れてk、、、書き出したらキリがないほど悔しさと戦ってきた。今でもその当時の記憶や感情を鮮明に思い出せる。この経験を通して、良くも悪くも私は負けず嫌いになった。

 誰かしらと何かしらで常に戦っている。せわしない。野球が上手くなりたい、ダンスが上手くなりたい、頭が良くなりたい、お金を稼ぎたい、人に認められたい。欲求が留まることを知らない。マズローさん、自己実現欲求を満たした先には何が待っているの?

f:id:yuioptimist:20170205130600j:plain

 猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫。猫になりたい。猫みたいに人生を過ごしたい。思考を停止させてバカになってしまいたい。丸山家を代表する長男だから、親孝行のためだから、世間体が気になるからなどのしがらみを「えい!背負い投げ~」と捨ててしまいたいとたまに思う。人生は世知辛い。

f:id:yuioptimist:20170205131043j:plain

 でも、何だかんだ言って丸山を形成しているこの性格は好き。たまに疲れるけど、競争心を持つことは決して悪いことではないと思う。良い意味でも、悪い意味でも人生を豊かにしてくれている。4月から始まる、就活も大学5年生も頑張っていきたいと思えるM気質な性格に感謝。本当に猫を頭からガブリと食べてしまいたいくらい好きだけど、やっぱり「私は猫になれない。」とつくづく思う。

 

f:id:yuioptimist:20170205030511p:plain

 丸山あと3週間で帰国します。お土産買っていきます。2017年もよろしくお願いいたします。